映画board

椿山課長の七日間

椿山課長の七日間

SCORE

集計中...

Rating:--

Reviews:--

原題:TSubakiyama's Send Back

2006年11月18日より公開

2006年/日本/118分

あらすじ

突然死した椿山課長(西田敏行)が気付くと、そこはあの世とこの世の間にある中陰役所だった。担当者のマヤ(和久井映見)から特例として初七日までの3日間だけ現世に帰ることができる制度があると聞いた椿山は、早速申し出る。他に特例が認められたのは、子分たちの様子を知りたいヤクザの武田(綿引勝彦)と実の両親に会いたい少年・雄一(伊藤大翔)。椿山が目を覚ますと、絶世の美女...

突然死した椿山課長(西田敏行)が気付くと、そこはあの世とこの世の間にある中陰役所だった。担当者のマヤ(和久井映見)から特例として初七日までの3日間だけ現世に帰ることができる制度があると聞いた椿山は、早速申し出る。他に特例が認められたのは、子分たちの様子を知りたいヤクザの武田(綿引勝彦)と実の両親に会いたい少年・雄一(伊藤大翔)。椿山が目を覚ますと、絶世の美女・椿(伊東美咲)になっていた。少女・蓮子(志田未来)として蘇った雄一とともにそれぞれの家へ行く途中、父が公園でパソコンを操っているのを見かける。椿山夫婦を気遣い、痴呆症のふりをしていたらしい。椿山の自宅には、何故か部下の嶋田(沢村一樹)がいる。結婚する前から妻・由紀(渡辺典子)と深い仲で、息子・陽介は実は嶋田の子だったことが判明する。一方、竹内(成宮寛貴)として蘇った武田は、武田の息子として弟分の市川(國村隼)の元を訪ねる。子分の一人・卓人が武田の仇を取ろうとしていること、相手は市川だと勘違いしていることを知り、竹内は市川の身辺警護につく。蓮子からの連絡により、蓮子の実の両親は市川夫妻だと知った竹内は、三人を引き合わせる。その時、卓人が乱入。市川を撃とうとするところを竹内が身をもって守り、消えていく。はじめは陽介が息子だと思っていた市川の妻・静子(市毛良枝)も、この様子を見て蓮子が息子だと気付き、抱きしめる。ありがとうと言い、消えていく蓮子。椿は、この3日間のうちに長年自分のことを愛してきたことを知った同僚の知子(余貴美子)の元へ行き、好きだ、とサインを送る。中陰役所に戻り、急死した椿山の父と合流。4人は天国への階段をのぼっていく。

もっと見る たたむ

Twitterでの反応

投稿がありません。

キャスト

もっと見る たたむ

スタッフ

もっと見る たたむ
ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2021/4/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

邦画 洋画 おすすめ映画まとめ アメコミ ミステリー・サスペンス アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー アクション コメディ セクシー きれい

Pick Upピックアップ