映画board

ライフ・アクアティック

ライフ・アクアティック

SCORE

集計中...

Rating:--

Reviews:--

原題:The Life Aquatic with Steve Zissou

2005年5月7日より公開

2004年/アメリカ/118分

あらすじ

海洋探検家兼ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズィスー(ビル・マーレイ)は、最近自作の映画のヒットがない。しかも先日の航海では、長年の右腕だった男エステバンが、幻のジャガーザメに喰われてしまった。ズィスーは仲間のリベンジと人気回復のため、映画製作集団”チーム・ズィスー“を率いて、探査船ベラフォンテ号で海へ乗り出す。そこにはズィスーの息子の可能性がある航空副操...

海洋探検家兼ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズィスー(ビル・マーレイ)は、最近自作の映画のヒットがない。しかも先日の航海では、長年の右腕だった男エステバンが、幻のジャガーザメに喰われてしまった。ズィスーは仲間のリベンジと人気回復のため、映画製作集団”チーム・ズィスー“を率いて、探査船ベラフォンテ号で海へ乗り出す。そこにはズィスーの息子の可能性がある航空副操縦士のネッド(オーウェン・ウィルソン)、未婚だが妊娠中の雑誌記者ジェーン(ケイト・ブランシェット)、製作資金を融資した銀行の監視員ビル(バッド・コート)も加わってきた。しかしズィスーの妻であり影のリーダーであるエレノア(アンジェリカ・ヒューストン)は、今回は乗船しないという。ズィスーはジャガーザメを能率的に追跡しようと、エレノアの元夫で、天敵の海洋学者アリステア(ジェフ・ゴールドブラム)の海洋研究所に侵入し、ハイテクの追跡システムなどを盗んだ。そして非警備水域への針路を取り、海賊に襲われたりする。そんな中、ズィスーにようやく真のリーダー意識が芽生え出し、疑似家族のようにまとまったチームは、ついにジャガーザメに遭遇。その美しさに見とれるが、ネッドが事故死してしまう。ズィスーはエレノアに、ネッドを養子にしたいと提案。そして完成した映画が、映画祭で上映されるのだった。

もっと見る たたむ

Twitterでの反応

投稿がありません。

この作品に関連する記事

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2020/7/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 ランキング セクシー ホラー アメコミ アニメ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー マーベル かわいい

Pick Upピックアップ