映画board

Birthday!

寺門ジモン

三毛猫ホームズの推理<ディレクターズ・カット>

あらすじ

199X年5月、函館の名門女子大・森崎学園の学生が殺された。警視庁捜査一課の刑事・片山義太郎(陣内孝則)は、亡父の元同僚で今は函館署に勤務する三田村警部(井川比佐志)から、事件の極秘捜査の依頼を受けて、たったひとりの肉親である妹の晴美(葉月里緒菜)を東京のアパートに残し、現地へ飛ぶ。彼を空港で迎えたのは、文学部長・森崎教授(平幹二朗)の秘書兼愛人で4回生の吉...

199X年5月、函館の名門女子大・森崎学園の学生が殺された。警視庁捜査一課の刑事・片山義太郎(陣内孝則)は、亡父の元同僚で今は函館署に勤務する三田村警部(井川比佐志)から、事件の極秘捜査の依頼を受けて、たったひとりの肉親である妹の晴美(葉月里緒菜)を東京のアパートに残し、現地へ飛ぶ。彼を空港で迎えたのは、文学部長・森崎教授(平幹二朗)の秘書兼愛人で4回生の吉塚雪子(山本未来)だった。彼女の案内で学園へ到着した片山は、そこで極秘捜査の本当の依頼者・森崎教授から、殺人事件の捜査とは別に、学園の中にある売春組織の内偵をして欲しいと頼まれる。しかし、捜査にあたる片山や警察陣をあざ笑うかのように、犯人は第二の犯行を実行。森崎教授までも殺害されてしまう。そんな折、片山に晴美が友人を訪ねて函館へ来たとの連絡が入った。ところが、晴美の様子がどこかおかしい。片山は事件ばかりか、妹の問題にも頭を悩ますのだった。しかし、森崎教授の飼い猫であるホームズの力を借りて、彼は事件をみごと解決する。女子大生殺しの犯人は三田村警部。かつて愛娘をレイプのうえ殺害された過去を持つ彼は、以来精神のバランスを崩して、自分でも知らないうちに犯行を繰り返してしまっていたのだ。一方、森崎教授を殺したのは雪子だった。売春組織の元締めであった彼女は、森崎教授のことだけは真剣に愛していた。しかし、教授の方では違っていた。そんな彼の気持ちを知った雪子は、裏切られた思いから彼を殺害したのである。こうして事件を解決させた片山であったが、実は晴美と三田村が愛し合っていたことを知る。晴美は、三田村に会いに函館まで来ていたのだ。三田村が犯人であったこと、そして彼が自殺を図ったことで深く傷つく晴美。片山は、そんな妹を連れて東京へ戻っていくのであった。

もっと見る たたむ

Twitterでの反応

投稿がありません。

キャスト

もっと見る たたむ

スタッフ

もっと見る たたむ
ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2020/11/24 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 アン・ハサウェイ おすすめ映画まとめ ヴァージン・スーサイズ コットンクラブ コンフィデンスマンJP ロマンス編 ミステリー・サスペンス カメラを止めるな! ノン子36歳(家事手伝い) ピンクパンサー2(2009)

Pick Upピックアップ