映画board

マグニチュード 明日への架け橋

あらすじ

20年前の昭和51年に発生した大地震の際、消防署員だった父・辰雄の出動中に、幼い誠は目の前で起きた火事のために母を失った。それ以来、辰雄は妻を救えなかった自責の念のために、誠は母を救えなかった父への恨みのために、互いに心を閉ざしていく。誠は母の実家に引き取られて成長し、20年後、特別救助隊員として東京で活躍していた。故郷の中神島に転任することが決まった誠は、...

20年前の昭和51年に発生した大地震の際、消防署員だった父・辰雄の出動中に、幼い誠は目の前で起きた火事のために母を失った。それ以来、辰雄は妻を救えなかった自責の念のために、誠は母を救えなかった父への恨みのために、互いに心を閉ざしていく。誠は母の実家に引き取られて成長し、20年後、特別救助隊員として東京で活躍していた。故郷の中神島に転任することが決まった誠は、消防団員になっていた父と久々に再会するが、辰雄が小学校教師の陽子と企画した消化訓練で生徒がボヤ騒ぎを起こし、父子の対面は気まずいものとなってしまう。これに落胆した辰雄は消防団を辞めて漁の仕事に専念するが、その最中に怪我をして入院した。陽子の知らせで病院に駆けつけた誠は、看護婦からの質問に対して、父のことについて何ひとつ答えることができない自分にショックを受ける。入院の準備のために訪れた父の家の押し入れに、辰雄が20年間調べ続けた地震に関する資料を発見したことで、誠は父に対する想いを改めた。さらに誠は、父の世話を何かと焼いてくれる陽子が、20年前の地震の時に辰雄に助け出された少女だったことを知る。誠はようやく父との距離を縮めることができたように感じるが、その矢先、彼らを再び大地震が襲った。建物の崩壊と火事で街中はパニックに陥り、誠は救助隊員として出動する。ところがそこへ、崩れた家の下に陽子が生き埋めになったという情報が入った。誠は現場に急行したが、すでにその中には怪我をおして病院から駆けつけた辰雄が入っている。父を追って中に入り、陽子を助け出そうとした誠は、危険を乗り越えながら見事にふたりの命を救い出した。

もっと見る たたむ

Twitterでの反応

投稿がありません。

スタッフ

もっと見る たたむ
ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2021/6/7 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ おすすめ映画まとめ 邦画 アメコミ ホラー ドラマ アクション ミステリー・サスペンス ラブロマンス

Pick Upピックアップ