映画board

Birthday!

窪塚洋介

坊っちゃん(1977)

あらすじ

明治三十九年。ご存知坊っちゃんこと近藤大助は、東京の物理学校を卒業、中学の数学の教師として勇んで四国の松山にやって来た。幼い頃から、無鉄砲で負けず嫌いの大助だったが、ばあやの清だけが「坊っちゃんはまっすぐで気性の良い方だ」とかわいがった。大助は四国に、その清と別れて来たのが少々気がかりだった。愛媛県立松山中学校。ここが大助を待ちうける学校だ。この学校の校長は...

明治三十九年。ご存知坊っちゃんこと近藤大助は、東京の物理学校を卒業、中学の数学の教師として勇んで四国の松山にやって来た。幼い頃から、無鉄砲で負けず嫌いの大助だったが、ばあやの清だけが「坊っちゃんはまっすぐで気性の良い方だ」とかわいがった。大助は四国に、その清と別れて来たのが少々気がかりだった。愛媛県立松山中学校。ここが大助を待ちうける学校だ。この学校の校長は狸の様な顔をしているので狸、教頭は赤シャツの見るからにキザな奴なので赤シャツ、教頭のたいこ持ちのような吉川は野ダイコと大助はアダ名をつけたがそれぞれひとくせもふたくせもある奴らであった。教員室では、精気のないうらなりみたいな古賀と、これも大助が山嵐と名付けた、逞しい堀田に挨拶。翌日から大助の授業が始まった。東京から来て、初めて教壇に立つ大助は、ここの生徒たちにずいぶんと手こずった。ある日、大助はひょんな事からビックリするような美女と知り合った。彼女こそ、町中で美人で才女と噂の高いマドンナであった。数日がすぎ、赤シャツが大助に話があるという。大助の親友の山嵐が町の芸者・〆香といい仲で教育者としてあるまじきこと、生徒たちのいたずらも実は彼が裏で糸を引いているなどと吹き込んだ。大助はすぐに山嵐とかけ合い、それがデマであることを知る。さらにマドンナの許婚者のうらなりを自分が横恋慕するため、他の学校へ彼を転校させようとたくらんでいる赤シャツのことを知り、山嵐とともに正義の鉄鎚を下すことにした。うらなりの送別会の日。芸者といちゃつく赤シャツに二人は鉄鎚を下した。しかし、この事件は、生徒たちによからぬ影響を与えてしまった。日頃から挑発をうけている師範学校との喧嘩にまで発展してしまったのだ。しかも、止めるはずの大助も山嵐もいっしょになって大あ日、ばれしてしまうのであった。翌さっぱりした表情で狸に辞表を提出する大助。東京へ帰る日、汽車から大助は、いたずらだった生徒たちが手をふって見送ってくれるのを見て思わず目頭が熱くなり、着物をぬぎ、いつまでもそれをふるのであった。

もっと見る たたむ

Twitterでの反応

投稿がありません。

キャスト

もっと見る たたむ

スタッフ

もっと見る たたむ
ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2021/5/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 ミステリー・サスペンス 邦画 おすすめ映画まとめ アクション アメコミ ドラマ ホラー かわいい ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

Pick Upピックアップ