映画board

上海バンスキング(1988)

あらすじ

昭和11年の夏、上海の港に降りたマドンナ・正岡まどかとバンドマンの波多野四郎は、かつてジャズ仲間だったトランペット吹きのバクマツこと松本亘を訪ねた。アメリカ人の顔役ラリーの経営するダンスホール“セントルイス”に出演していたバクマツは彼の愛人・リリーと恋仲になった。怒ったラリーはバクマツに詰め寄るが、仲裁に入ったマドンナと四郎まで“セントルイス”に出演すること...

昭和11年の夏、上海の港に降りたマドンナ・正岡まどかとバンドマンの波多野四郎は、かつてジャズ仲間だったトランペット吹きのバクマツこと松本亘を訪ねた。アメリカ人の顔役ラリーの経営するダンスホール“セントルイス”に出演していたバクマツは彼の愛人・リリーと恋仲になった。怒ったラリーはバクマツに詰め寄るが、仲裁に入ったマドンナと四郎まで“セントルイス”に出演することになる。左翼学生でマドンナの許婚者だった弘田も上海へやって来たが、警察の追手が厳しく、満州へと逃げた。昭和12年の夏。ついにバクマツとリリーは結婚、その祝いの席で、白井中尉は日本と中国の開戦を告げた。昭和13年、初春。白井は大尉に昇進して南京から戻り、上海のジャズに飽き足らなくなった四郎はまどかを残して日本に帰った。昭和15年の秋。まどかにほのかな思いを寄せていた白井はソ連国境に行くことになり、バクマツにも召集令状が届いた。そして、日本ではジャズができなくなった四郎が、再び上海に戻ってきた。昭和16年の冬。日米が開戦し、“セントルイス”は日本軍に接収された。弘田は転向して日本軍の要人となり、上海で幅をきかせるようになる。昭和18年の春。米英の音楽が追放され、演奏のできなくなったバンド仲間は散り散りになり、四郎はアヘンに手を出した。昭和20年の秋。終戦を迎えたが、四郎は重いアヘン中毒にかかり、バクマツは戦死した。そして、まどかは夢の中でみんなが元気に演奏する姿をみるのだった。

もっと見る たたむ

Twitterでの反応

投稿がありません。

キャスト

もっと見る たたむ

スタッフ

もっと見る たたむ
ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2021/6/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ドラマ アメコミ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ マーベル アクション ホラー スパイダーマン:ホームカミング

Pick Upピックアップ